TOP>資料館

資料館

◆国際政治学者藤井厳喜氏と、Kenny Suzuki氏のラジオ「KG Project 」に2週連続でマックスが出演いたしました。

こちらからご視聴頂けます。

KG Project@20150623 by Kenny Suzuki on Mixcloud

 

 

◆日出処からの代表講師、マックス・フォン・シュラ―・小林の「アメリカ人の本音」について第1章から解説いたします。

第4章A

 

第4章@

 

第3章A

 

第3章@

 

第2章

 

第1章@

 

第1章A

 

 

◆日出処からの代表講師、マックス・フォン・シュラ―・小林の処女作「アメリカ人の本音」が11月2日に発売されます。
これは、米海兵隊として日本に来てから日本で生活して感じたこと、ペリー来航からの日米関係についてアメリカ人の目線での率直な意見、日本を取り巻く国際関係についてを本音で語る内容となっております。
ブログや勉強会で発信してきたことを形とした、日本を元気にする一冊です!ぜひご購読下さい!

お買い求めはお近くの書店、またはネットショップでどうぞ。

 

◆インターネットラジオ「プライベートスクールレボリューション」に内野が出演して「日出処から」の由来について話しました。

日出処からという名称は皆さんがご存知の聖徳太子が隋に送った国書の有名な一節
「日出処の天子、書を没する処の天子に致す。つつがなきや…」に続いて「東の天皇が敬いて西の皇帝に白す」という日本独立の原点が、現代の日本に大切なことが読み取れると思います。

  download

 

   

◆FM東京 第18回「プライベートスクールレボリューション」にマックスが出演して日本社会とアメリカ社会について語りました。

  download

 

プライベートスクールレボリューションはこちら

 

 

◆マックスがグレンデール市議会、市長等に送った手紙を映像におこしていただきました。

 

相手国がどうであれ、日本は事実をアピールすること、戦後どれだけの謝罪、支援、補助を必要以上に、土下座するほどに行ってきたのかという事実や、お互いの政府の間で結んだ条約等の事実を並べるということをアピールするということも、一つの切り口となるのではないでしょうか。

 

 

 

TOP>資料館

 

Copyright 2015 (c) 日出処からAll Rights Reserved.